読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オペラグラス越しのシリウス

焼き焦がされたいオタク

彼女ではないオタク

はてなブログから、「久しぶりだけど元気?最近は何してるの?私の話に応えて?それらはすべて、きっとあなたのためになると思うから」という彼女かよメール改めリマインドメールが届いていたので、スマホの液晶画面をタッチしようと思う。

 

ここしばらく、応援している俳優さんを見ていない。

俳優さんが仕事をしていないわけではない。舞台に立ったりテレビに出たりしていないだけだ。

私は、俳優さんが4月からはじまる公演の稽古をしたり取材を受けたりしていることを知っているし、その稽古を映した動画が公式ツイッターに上がっていることも知っている。

つまり、「ここしばらく、応援している俳優さん(の稽古の様子や取材記事)を(あえて)見ていない」のだ。

 

「怠惰なオタクに死を!」と叫ぶのは少し待って欲しい。

オタクすることがアイデンティティーであるオタクがオタクしていないのには理由がある。

 

理由一、インターネットをすることに疲れた。

なぁにがワールドワイドウェブじゃ。こちとら半径5mの世界を大切にするのに必死なんじゃ。 と悪態をつきたいわけではないが、今はインスタントな情報を欲していない。

最近は、メールを読む時と電車の乗り換えを調べる時くらいしか、インターネットに接続していない気がする。

なので、『今日の〇〇さん便』のように、応援している俳優さんの稽古の様子を簡潔にまとめたメールが届いたら、それはチェックすると思う。

 

理由ニ、生活の中に応援している俳優さんがいなくても平気になった。

以前も書いたが、昨年、私は応援している俳優さんの舞台に行かなかった。(病み過ぎて)それまで「〇〇さんの舞台を観なきゃいけないから死ねない」と言っていたのに、だ。

行かない選択をしても、観れなかったショックで死ぬことはなかったし、罪悪感を抱くこともなかった。そして、「私は応援している俳優さんがいなくても生きていけるんだ」と気がついた。

あまりにもあっさりとしていて寂しかったが、今はそういうものだと受け入れている。

 

悲しいことに、応援している俳優さん(の舞台)を見ると病む性質は変わっていない。

もしかしたら上記二つの理由ではなく、本当は「見たら病むから稽古の様子も取材記事も見ていない」のかもしれない。 「しれない」ではなく本当にそんな気がしてきたが、これ以上は考えることを放棄しよう。

 

稽古は工事のようなものだと思う。

キャストとスタッフが工事関係者で、ファンやオタクは近隣住民。

近隣住民に与えられる情報は、工事に関わる会社と人、建物のイメージ、完成時期。 あとは、工事現場からカンカンコンコン響く音を、フェンスの外で聞くことしかできない。

私はそれでいい。 工事の過程に興味がないと言ったら嘘になるが、すべて出来てから一気に見たい気持ちの方が大きい。

そして、完成した建物に足を踏み入れた時、「何にもなかった土地にこれほど素晴らしい物が建つなんて」と感涙にむせぶオタクでありたい。

他のファンの方がどうかは知らない。稽古の動画が頻繁に上がるということは、パズルのピースを拾い集め、観劇時に完成させたいという方が多いのだろう。

みんな違ってみんなオタクだ。 (上手いこと言った時思っている。)

久しぶりのブログは、ここまで書くのに三日かかった。

今回伝えたかったことは、

私は、彼女かよ改めはてなブログからのリマインダーメールではないので、「私のいない所で何をやっているのか、あなたの口から聞きたい。私はあなたの全てが知りたいの。だから話して。常に思うこと、それはすなわち愛でしょう」なんて言わないよ、ということだ。

おわり