読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オペラグラス越しのシリウス

焼き焦がされたいオタク

手がかゆい話

雑記

今、非常に手がかゆい。

原因はわかっている。古い本だ。

 

以前から、古い本を触ると手に湿疹が出ていた。

もともと荒れ放題の手だったため、それが本によるものなのか確定できずにいた。

だが今年、自分に合うシャンプーと台所洗剤に出会えたおかげで、例年より手荒れの程度が低くなった(ありがたい)

そして、古い本に触ると湿疹が出るのは本のせいだと、ようやく気がついた。

 

対策はしている。

まず、触る前にハンドクリームをたっぷり塗る。だいたい2ページめくると、手が干物のようになる。

つぎに、布の手袋をする。だんだんページがめくりづらいことにイライラしはじめ、荒れにくい左手だけ外す。気がついたら右手も外している。

対策はしている(効果があるとは言っていない)状態だ。

 

原因をネットで調べたら、カビやダニだという。

思わず、「ああ~それっぽい~」と独り言ちた。

天日干しがよいらしいが、購入した本ならまだしも、図書館の本はどうしようもない。

電子書籍使いこなせない人間だが、古い本は、ジャンルを問わずどんどんデータ化してほしいと思う。

 

ところで、「かゆい」よりも「痒い」の方がムズムズする気がするのはなぜだろう。

ああかゆい。

 

おわり